米国内に東大と連結した非営利団体を設立する構想は、第28代東大総長小宮山宏氏(2005年-2009年)により2006年に提案された。小宮山総長の願望は、東大と米国のリサーチ・ユニバーシティ〔研究に重点を置く大学〕の連携を支援することによりグローバル化を目指す東大を支援することであった。米諸大学での日本研究への関心の低下を懸念された総長の初期の焦点の一つは、「日本研究」を推進することであり、東大とイエール大学との歴史的関係を考慮にいれ、イエール大学がパートナー校として選ばれた。

組織図

「東大友の会」の歴史及び組織に関するマイルストーン

  • 2007年9月:当時ニューヨーク銀杏会の理事長桝田淳二氏がFriends of Todai, Inc. (FOTI)の理事長に任命された。理事会は、財務兼総務担当の福島康夫氏(公認会計士)、浜田宏一教授(経済学部、エール大学名誉教授、東大名誉教授)、小林久志教授(電気工学、プリンストン大学教授)及び竹内和彦教授(東大副学長、国際本部)で構成された。
  • 2009年6月にはFOTIの諮問委員会が設立され、小林久氏理事が委員長に任命され、桜井 本篤氏(ニューヨーク・ジャパン·ソサエティ会長、ニューヨーク銀杏会副会長)、伊藤澄子氏(アルカディア·キャピタル社長)、桜井信子(ニューヨークさつき会幹事)、及び高橋規氏(米国三井物産副社長)が委員に就任、更に2009年10月に董克勇氏(モリソン・フォースター上席顧問)が諮問委員会に加わった。高橋氏は2010年春日本帰国に伴い辞任。
  • 2011年4月:小林久志教授がFOTIの新理事長に就任し、創立時からほぼ4年間理事長を務めた桝田氏は名誉理事長となった。渡邉康秀氏(NO&T LLP)が暫定総務担当に就任。桜井本篤氏はFOTI諮問委員会(AC)の委員長に就任、岸岡俊一郎氏、桑間雄一郎医師、ジータ·メータ教授、岡本康雄氏、小野誠栄氏がAC委員会に加わった。2011年5月1日:福島康夫財務理事が辞任し、小林理事長が暫定財務担当理事を兼任。
  • 2011年8月:理事会は、創設された「大学関係担当理事」にプリンストン・プラズマ物理研究所(PPPL)所属の山田雅章博士を任命。
  • 2011年12月:理事会は財務担当理事として伊藤澄子氏を指名、2012年1月1日付けで就任。
  • 2012年1月:Award 選考委員会が発足。メンバーは山田雅章氏(委員長)、小林久志氏、大迫政子氏(さつき会アメリカ幹事)、桜井信子氏(さつき会アメリカ幹事)で構成された。
  • 2012年2月:理事会は、田中明彦理事の後継者として江川雅子氏(東大理事)をFOTI の理事に任命。
  • 2012年4月:桜井本篤氏は諮問委員会委員長を辞任。理事会は、2011年4月以来暫定総務担当であった渡辺康秀氏の後任として小林秀太氏を総務担当として任命。
  • 2012年11月:理事会は、伊藤澄子氏の後任として桑間雄一郎博士を財務担当理事として任命。
  • 2013年1月:松下重悳氏(ウィンクス・コミュニケーションズ元社長)がAward選考委員会に加わる。
  • 2014年3月: FOTIの住所を115 E.34th St.#416, New York, NY10156、USAに変更。
  • 2014年5月:5月10日、理事会は、Friends of Todai, Inc.の名称を Friends of UTokyo (FUTI) に変更し、この変更は5月24日に、ニューヨーク州政府により承認された。名称変更は東大が2013年に英語での略語をTodai からUTokyoに変更したことに呼応して行なわれた。なお日本語訳「東大友の会」を併記することになった。
  • 2014年5月:5月27日に理事会は、米国三菱商事社長の杉浦康之氏と米国三井物産社長の高橋規氏を諮問委員会の新しい委員として選出した。杉浦氏は2013年9月に日本に帰国した小野誠栄氏の後継者。なお、高橋氏は2010年春日本帰国に伴い諮問委員会を辞任したが、最近ニューヨークに戻られた。
  • 2015年4月:理事会は、江川雅子理事の後継者として古谷研教授(東大副学長)をFUTI の理事に任命。
  • 2015年9月:山田雅章教授がFUTIの新理事長に就任し、約4年半理事長を務めた小林久志教授は名誉理事長となり、さらにFUTI諮問委員会(AC)の委員長に就任。財務担当理事であった桑間雄一郎医師は新たに創設された「副理事長に任命され、財務担当を継続。松下重悳氏が理事及びAward選考委員会委員長に就任。
  • 2015年 10月:河本雄氏(日本貿易振興機構-JETRO-のニューヨーク事務所次長)がAC委員に就任。