ShigenoriMatsushitaShigenori (Shig) Matsushita (松下重悳):1959年3月に東京大学電気工学科通信専攻を 卒業し、同年4月に㈱東芝に入社してコンピュータのトランジスタ 基本回路を設 計した。パッチボードでプログラムを組むコンピュータや磁気ドラムの内部プロ グラム式コンピュータの主任技術者を務めた。1962年 にフルブライト奨学金を 得てイリノイ大学に留学し、Digital Computer研究所でパタン認識コンピュータ ILLIAC III開発の助手を務め、1963年8月にMS学位を取得した。

京都大学の萩原宏助教授(当時)との共同研究プロジェクトが1961年に始ま り、世界初の本格的マイクロプログラム・コンピュータKT-Pが完 成した。この 成果は1962年の国際情報処理学会IFIPの大会で発表され、その可変マイクロプロ グラムが注目された。これはパッチボードと、光 トランジスタを覆う穴開き カードで実現された。この技術に基づき、高速マイクロプログラム・コンピュー タTOSBAC-3400の商品化開発が始 められ、その主任設計技術者を務めた。このコ ンピュータは、国立大学で主としてFORTRAN計算に、またカメラ・メーカでレン ズ設計に、広く使 用された。

東芝はGeneral Electric社コンピュータ事業部と技術提携に入ったが、同社は やがてHoneywell Information System社(HIS)に吸収された。その結果HISは東芝 とNECの両社と提携することになった。そこで高速コンピュータとその技術を開 発す るHIS-東芝の共同プロジェクトを率いることとなり、HISに数十人の東芝の 技術者を送り込んだ。

これら技術上と管理上の責任を会社に負う一方で、私的時間に独学でディジタ ル信号の混信の理論を構築し、1974年10月に東京大学から工学博 士を授与された。

1978年に東芝が大型汎用コンピュータ事業を、NECとの合弁会社の日電東芝情 報システム㈱に移管した際、その事業計画、折衝、契約の責任を 負った。同時 に東芝は、小型コンピュータ、通信、事務機を統合したオフィス・オートメー ション(OA)に事業機会を見出した。そこでOA事業の企 画、推進、啓発を担当し た。これらの事業の技術担当共同責任者に任命され、管理責任を負った。次にコ ンピュータ・グループと重電の制御グループが 合併した際に、技術オペレー ションの責任者となった。1985年には、IBM互換ラップトップ・コンピュータT- 1100に至る会社の戦略を決定 した。

海外で新しい会社が出現するようになり、海外の会社との提携を推進した。 Sun Microsystems社とのOEM契約、ComputerVision社との合弁、Olivetti社との 合弁、Netscape社との販売提携な ど。Sun Microsystems社とNetscape社との契 約は、日本の会社としては最初のものであった。

1993-96年には東芝情報システム㈱の専務として、注文制作のCOBOLソフトウェ ア開発事業から、オンラインのパッケージ型またはパソコ ン用のソフトウェア 事業への切り替えを先導した。1996-2001年には、双方向性テレビを開発普及推 進する米国の起業会社Wink Communications社の日本社長を務めた。

2002-5年には、東京でベンチャー投資会社の設立と運営に携わった。また2002 年から現在まで、指紋認証に特化した起業会社DDS㈱の取 締役としても活動し、 DDS社の東証Mothers市場への上場を支援した。2005-11年にはインターネット起 業会社Luke 19㈱の取締役を務めた。この会社は他のインターネット会社に買い 取られた。

2002-2014年には名古屋の中部大学の客員教授として、ビジネスマン向け夏季 ビジネス・スクールで経済の国際化とITの企業応用の講義を した。

情報処理学会の「日本のコンピュータパイオニア」の1人として選任されてい る。( http://museum.ipsj.or.jp/pioneer/index.html)

(プロフィールを英語で読む)