FUTI(旧称FOTI)の募金活動及びグラント・スカラシップ・プログラムに関連するマイルストーン(重要事項)とニューズレターと年次報告書の発行に関する記録は以下の通り。

  • 2009年11月:第1回のFOTI募金キャンペーン開始。
  • 2010年1月:FOTIニューズレター創刊号発行。
  • 2010年3月:日本研究および関連人文及び社会科学を専門とするイェール大学の東大-イェール·イニシアティブ(TYI)に25,000ドルの助成金を授与。
  • 2010年3月:カリフォルニア大学バークレー校にある「東大IPMUカブリ数物連携宇宙研究機構」の海外キャンパス(サテライト)に1万ドルの助成金を授与。
  • 2010年6月:「FOTIインターナショナル・リーダーシップ賞」を設立。東大でサマー・インターンシップをしたMITの大学院生が最初の受賞者。
  • 2010年6月:第1回の募金キャンペーン(2010年6月から2009年7月)では寄付総額139,632ドルを達成。内訳はシンテックからの寄付96,432ドルと42名の個人からの寄付43,200ドル。
  • 2010年11月:第2回の募金キャンペーン開始。
  • 2011年6月:FOTIインターナショナル・リーダーシップ賞をカリフォルニア大学バークレー校のGSP(グローバル・サマー・プログラム)に参加した東大生4人、イェール大ELI(英語研修講座)に参加した東大生人に授与。さらにサマー・インターンとして東大で研究を行ったMITの学生3人,東大のGSPに参加したカリフォルニア大学バークレー学生3人、イェール大学生1人も受賞。詳細は、2011年度報告書、6-8ページを参照。
  • 2011年6月:第2回の募金キャンペーンでは、シンテックからの寄付58,461ドルと45名の個人からの寄付40,192ドルと合計139,632ドルを達成。2011年度報告書、9-11ページを参照。
  • 2011年6月:カリフォルニア大学バークレー校での「IPMUプログラム」に1万ドルの助成金を授与(2度目の受賞)。助成金は東大およびカリフォルニア大学バークレー校の大学院生とポスドクの交流プログラム及び会議出席のための旅費を支援。2011年度報告書、5ページを参照。
  • 2011年7月:イェール大のTYIに30,000ドルの助成金を授与(受賞2年度)。イェール大で催された国際会議「国際開発協力とアジアの提供者」に出席する東大教授数名の参加費用を支援。
    2011年7月:FOTI電子ニューズレター創刊号を発行。寄付者及び将来の寄付者として期待される人達等に配布。
  • 2011年9月:FOTIのウェブサイトの大幅な改修と拡張が完了。エイミー・アイ・プロダクションが設計と維持を担当。2011年度年次報告書、6ページを参照。
  • 2011年9月:ニューズレター第2号 発行。
  • 2011年11月:第3回募金キャンペーン開始。
  • 2011年12月:2011年度報告書を作製。日本語版は寄付者及びProspective寄付者に配布。日本語と英語版の両方をウェブサイトに掲示。
  • 2011年12月:ニューズレター第3号発行。
  • 2012年1月:ニューズレター第4号発行。
  • 2012年3月:年次理事会及び諮問委員会合同会議を開催。
  • 2012年5月:ニューズレター第5号発行。
  • 2012年6月:FOTIインターナショナル・リーダーシップ賞は、カリフォルニア大学バークレー校でGSP(グローバル・サマープログラム)に参加の東大生4人、イェール大でのELIまたは正規サマースクールに参加した東大生3人に授与。さらにサマー・インターンとして東大で研究を行ったMITの学生3人;東大でのGSPに参加のカリフォルニア大学バークレー校学生2人、およびUTRIP(東京大学理学部のインターンシップ・プログラム)に参加した米国の学生3人に授与。詳細は、ニューズレター5号の関連記事を参照。
  • 2012年6月:東大カブリIPMUとUCバークレー校BCTPとの共同プロジェクトに1万ドルの助成金を授与(3年目の受賞)。 2012年度報告書3ページを参照2012年6月:凝縮物性物理学教育プログラム開発のためのコロンビア大-東大共同プログラムに13,750ドルの助成金を授与。2012年度報告書4ページを参照
  • 2012年6月:第3回募金キャンペーンではシンテックからの寄付77,155ドルと77名の個人からの寄付62,005ドルと合計139,632ドルを達成。ニューズレター第6号または2012年度報告書、8-9ページを参照。
  • 2012年9月:ニューズレター第6号発行。
  • 2012年10月:年次理事会及び諮問委員会合同会議開催。
  • 2012年11月:第4回の募金キャンペーン開始。
  • 2012年12月:2012年度報告書発行。2013年4月:ニューズレター7号発行。
  • 2013年6月:FOTIグローバル・リーダーシップ賞(旧称FOTIインターナショナル・リーダーシップ賞)は合計19名に。内訳は、カリフォルニア大学バークレーでGSP(グローバル・サマープログラム)に参加の東大生3人、イェール大でのELIまたは正規サマースクールに参加の東大生3人、カリフォルニア大学バークレー校でのサマースクールに参加の東大生2人に授与。さらにサマーインターンとして東大で研究を行ったMITの学生2人;東大でGSPに参加のカリフォルニア大学バークレー校学生1人,イェール大生2人、およびUTRIP参加の米国の大学生6人にも授与。ニューズレター第7号8号の関連記事を参照。
  • 2013年6月:東大でのカブリIPMUとカリフォルニア大学バークレー校BCTPとの共同プロジェクトに1万ドルの助成金(第3年度)を授与。ニューズレター8号の関連記事を参照。
  • 2013年6月:凝縮物性物理学教育プログラム開発のためのコロンビア – 東大共同プログラムに15,000ドルを授与。ニューズレター8 号の関連記事を参照。
  • 2013年6月:第4回の募金キャンペーンでは、シンテックからの寄付70,076ドルと73名の個人からの寄付61,320ドルからなる合計131,396ドルを達成。ニューズレター第8号関連記事を参照
  • 2013年8月:ニューヨーク地域での「体験プログラム」参加東大の学生のためのレセプションを地域同窓会と共同で支援。ニューズレター第8号の関連記事2013年9月:ニューズレター第8号発行。
  • 2013年9月:年次理事会及び諮問委員会合同会議を開催。
  • 2013年11月:第5回の募金キャンペーン開始。
  • 2013年12:2013年度報告書を発行。2013年12月:ニューズレター第9号発行。
  • 2014年5月:ニューズレター第10号発行。
  • 2014年5月:FOTIは、Friends of UTokyo(FUTI) と改名。日本語名は「東大友の会。
  • 2014年6月:FUTIグローバル・リーダーシップ·賞を、合計21名に授与。内訳はUCバークレーでGSP(グローバル・サマープログラム)に参加の東大生3人、イェール大 又はUCでバークレーでの英語研修プログラムに参加した東大生3人、ハーバード大学、UCバークレー校、イェール大、オハイオ州立大の夏期講座に出席した8人の東大生、東大でGSPに参加のイェール大生2人、UTRIP参加の米国の学生4人、イノベーション・サマープログラム(TISP)に参加の1人も受賞。東大教養学部英語コース(PEAK)に2014年度から入学した米国人高校生一人に旅行(渡航費)助成金 (トラベルグラント)を支給。詳細はニューズレター10号、11号、12号を参照。
  • 2014年6月:ニューズレター第11号発行。
  • 2014年6月:UCバークレー校でのカブリIPMUとBCTP間の研究プログラムに1万ドルを授与(第4回受賞)。
  • 2014年6月:コロンビア·東大共同プログラム(第3回受賞)に11,500ドルの助成金を授与。ニューズレター第12号の関連記事を参照。
  • 2014年6月:第4年度の募金キャンペーンでは、シンテックからの52,956ドルと個人58人からの寄付56,660ドルからなる合計109,616ドルを達成。ニューズレター第12号の関連記事を参照.
  • 2014年8月:FUTIウェブサイトの大幅な改修と拡大の第一段階が完了。エイミー・アイ・プロダクションにより設計・維持。ニューズター第12号の関連記事を参照。
  • 2014年10月:ニューズレター第12号発行。