(2017年留学者のために更新済)

 

プログラム

夏季短期留学インターンシップ

個人的に見つけて入学手続を進める米国の大学による夏季短期留学インターンシップで、レベルの充分高いもの。予めFUTIに奨学金が考慮される可能性を尋ねて頂ければお答えします。

応募資格

①全ての学術分野の、②東大の在校生。

応募締切

留学年の2月15日。但し下記本文参照。

推薦状締切

応募締切と同じ。日本語または英語の推薦状をFUTIに直接(recommendatfriendsofutokyo.org)送るよう依頼して下さい。推薦状を依頼した方の名前、電話、emailをFUTI応募資料に記入して頂きます。

奨学金

留学費用全般に充当できる奨学金を査定して支給します。実績では3~4千ドルです。但し東大経由で日本学生支援機構(JASSO)の奨学金を申請または受給する学生には、旅費と留学先の大学直送費用に限って支援します。年間数名に奨学金を支給します。他の奨学金を併用することを本奨学金は厭いませんが、他の奨学金を申請または受給する場合は、必ずFUTIに報告して下さい。

問合せ

FAQをご覧の上でご質問は awardatfriendsofutokyo.org へ。


東大と関連を持つ学生(東大生、東大への留学生、或いは指導教官を通して東大との共同研究に参加している学生)で、米国大学或いは研究所機関でのサマー・インターンシップ(夏期実習)参加を志望し、FUTI からの経済的援助(目安として一人3,000ドルから4,000ドル)を希望する場合は、受け入れ先の研究機関, および指導教授・研究者に関する情報を添付資料として、メールでFUTI事務局 awardatfriendsofutokyo.orgに出来るだけ早めに問合わせて下 さい。可能性があるか否かを検討して返答します。

FUTI奨学金に応募するには、下記の書類(1-5)を期限までに提出して下さい。期限は留学年の2月15日。但しインターン受入許可が遅れる場合にはFUTI事務局awardatfriendsofutokyo.orgに連絡して下さい。迄に提出して下さい。

  1. あなたの氏名、大学、学科、専攻分野、学年、東大との関係。あなたの大学の海外留学課の電子メール、電話など。
  2. 受け入れ先の米国大学あるいは研究機関の学科、研究室、指導教授・研究者のメール・アドレスと電話番号。
  3. インターンシップに関する計画: 研究・勉学のトピック、期間。インターンシップで何を成し遂げたいのか、英文で 綴った簡単なEssay(二頁以下)。
  4. 学業成績表、TOEFL/IELTS/TOEIC成績のコピー。加えて、東大のように成績表にGPA自動計算が含まれていない場合には、こちらの計算表を参照して各自GPAを計算して頂くと共に、その計算表を成績表と共に添付して下さい。
  5. 簡単な履歴書・CV(Curriculum Vitae・英文)。学歴、仕事歴(含アルバイト)、卒論・研究テーマ、課外活動(含ボランテイア活動)、論文・レポー ト、受賞歴(含奨学金)など。推薦状をお願いした方のお名前、電話番号、メール・アドレスも付け加えること。FUTIはリーダシップと行動力を重視します。CVに表現して下さい。
  6. 推薦状(英文、日本文いずれでも可)をrecommendatfriendsofutokyo.org宛に留学年の2月15日迄に提出下さるよう、早めにお願いするこ と。推薦人はあなたの指導教授が最も相応しいが、あなたの学力や人柄を良く知っている他の人でもよい。応募書類締切と推薦状締切期日が同じですので、ご注意ください。

オンライン応募システム には「保存」機能がありませんので必要書類を全部手元に集めてから応募して下さい。

FUTIへの問い合わせはまず『よくある質問(FAQ)』のページを確認した上、電子メールでawardatfriendsofutokyo.org 宛に送って下さい。

FUTIの選考結果は2月15日(4月末)締切分は4月(5月)下旬までに通知します。