マッチング・ギフト制度を利用して、ご寄付を二倍に!

 米国では多数の企業がマッチング・ギフト制度を設け、従業員及び退職者が慈善団体への寄附する事を奨励しています。従業員または退職者の寄付に対し、1対1のマッチングがなされることが普通です。 例えば、貴方がFUTI に500ドルの寄附をされた場合には、マッチング額の500ドルも合わせて、貴方は1000ドルの寄付者として私共の名簿に掲載されます。(ただし、所得税控除に関しては、ご自身が寄附された額のみが対象となります。〉

FUTIは新しい団体ですので、マッチング・ギフト制度の対象となる資格を有する団体であることを、貴社の担当者はご存知ないかも知れません。FUTIのEIN(納税者登録番号)は26-1186431であり、FUTIは2007年9月27日に、内国歳入法170 条(b)(1)(A)(vi)項により、大衆慈善団体(Public Charity)として認可され、同法501条(c)3項により、非課税の資格を有する(Tax Exempt)団体として認められている旨を、貴社の担当者にお伝えください。

マッチング・ギフト制度をお使い頂くには、以下の手続きをして下さい。

  1. 先ず、貴社にマッチング・ギフト制度があるか否かを、確認して下さい。
  2. 制度がある場合は、申込書と寄付に関するガイドラインを取り寄せて下さい。
  3. ご寄附の金額を決められ、記入された申込書を、FUTI事務局まで送って下さい。

私共の調査では、下記の企業にはマッチング・ギフト制度がございます。この制度を有する企業は、他にも多数あると思います。お気付きの方は私共までご連絡ください。企業名、担当者のお名前、電子メール、電話番号等をお教え下さい。

 

マッチング・ギフト制度を有する企業リスト:

  • Bank of Tokyo Mitsubishi UFJ
  • Deloitte & Touche LLP
  • Mizuho Financial Group
  • Mitsubishi International Corporation
  • Mitsui USA
  • Morrison Foerster
  • Toyota Motor Credit Corporation
  • Toyota Motor Sales, USA
  • Toyota Technical Center