Friends of UTokyo, Inc. へのご寄付

FUTIが東大と米国及び日本における他大学と友好的な教育交換プログラムや共同研究を振興し、その目的を達成するためには、同窓生および友人の皆様のネットワークからの永続的なご支援が必要です。

FUTIは内国歳入法第501条(c)(3)項(Internal Revenue Code, Section 501 (c)(3))の下で、連邦所得税控除の適応をうけている団体です。FUTIへの寄付は、同法第170条の規則により、皆様の米国での所得控除の対象になります。

2009年秋に最初の募金活動を開始して以来、FUTIの財源は、Shintech社信越化学工業の米国子会社)の信託基金からの配当金と、個人の皆様からの寄付金であります。Shintech社と皆様に心より感謝いたします。

今回、FUTIのウェブサイトからオンラインでご寄付が出来るPayPalシステムを導入致しました。小切手を郵送されるよりも便利かと存じます。

多額のご寄付をしていただける方、或いは法人の慈善団体への寄付活動に影響力をお持ちの皆様には、寄付基金の寄贈を、是非ご検討下さるようお願い申し上げます。

 

FUTIをサポートする方法

FUTIをサポートする方法はいくつかございます。下記の情報を、是非ご一読下さり、ご状況に適した方法を選択され、ご支援下さるよう、お願い申し上げます。

 

オンラインでのご寄付:PayPal を使ってクレジットカードによる迅速且つ安全な寄附が可能です。受領書が即時にオンラインで発行され、その後FUTI事務局から正式の領収書が郵送されます。詳細は、こちらへ

小切手郵送によるご寄付:寄付申込書に必要事項をご記入のうえ、小切手を同封してご郵送下さい。詳細はこちらへ

マッチング・ギフト:貴社のマッチング・ギフト制度を活用され、FUTIへの寄附金額を二倍にして下さい。詳細はこちらへ

電信送金(Wire Transfer)によるご寄付: 「電信送金による寄付申込書」をダウンロードし、記入されましたら、FUTI事務局宛に、郵便、或いは電子メールにてご連絡下さい。振込先銀行口 座に関するインフォメーション(ABA番号、口座番号等)をお知らせ致します。詳細はこちらへ

IRA支給金からのご寄付: IRA(個人退職年金口座)を持つ70½才以上の方は、“IRA チャリタブル・ロールオーバー(IRA Charitable Rollover)”という規定をご活用下さい。IRAからFUTIのような慈善団体に、直接寄附をされる場合には、年に10万ドルまで、所得税控除の対象になります。寄付額は、IRAから引き出すことが要求される最小支給額(Required Minimum Distribution)の一部として計上されます。詳細はこちらへ

有価証券のご寄附: 一年以上保有されていた株式、債券、投資信託などの有価証券のご寄付も承ります。有価証券の寄附は,税金上の得点があります。詳細はこちらへ

寄付基金へのご寄付:寄付基金とは投資基金への寄贈を意味します。あなたご自身(或いはご指定の方、例えばご家族)の名前を冠した寄付基金、或いはFUTI一般の寄付基金に入れていただきます。基金の利子或いは配当金のみをFUTIの活動に使い、元本には手を付けないのが原則です。あなたのお名前を冠した寄付基金を設立することは、永続的にFUTIをサポートする方策として、大変ご満足して頂けると思います。詳細はこちらへ

FUTIを永続的に支援するための信託基金の設立:FUTIはShintech社(信越化学の米国子会社)の信託基金からの配当金を頂いています。信託基金は、寄付基金と同様、FUTIを永続的にサポート出来る大変素晴らしい方法です。寄付基金はFUTIに所有になりますが、信託基金の所有は寄付者側にあります。詳細については presidentfriendsofutokyo.org までご連絡ください。

 プランド・ギビング(Planned giving)はFUTIに充分な資産を築く大変効果的な方策です。FUTIを支援しながら、あなたの遺贈を後世に残せる素晴らしい方法です。詳細はこちらへ